カマグラゴールド服用のコツ&知って備える副作用

2018年11月30日

カマグラゴールドの飲み方と副作用について

カマグラゴールドがEDの悩みから解放してくれることはご存じのはず。
ですが服用方法を誤れば効果は半減してしまいますし、医薬品だからこその副作用も忘れてはいけません。

カマグラゴールドを服用するにあたって、安全かつ効果的に使いこなすためのポイントを正しく把握しておきましょう。

カマグラゴールドは服用タイミングが重要

カマグラゴールドの効果が現れはじめるのは服用してから30分~1時間後ですが、これは有効成分がスムーズに吸収された場合のものです。
胃や腸に内容物が残っていると吸収が邪魔されてしまうので、効果が出るまでに時間がかかったりさほど勃起しなかったりといった結果になってしまいます。

有効成分のシルデナフィルは油分を透過することができないため、体内に食事の油分が残った状態で服用すると吸収されないまま排泄され、本来の効果が得られない可能性が高くなります。

確実に勃起させるためには
空腹の状態でセックスの1時間前に服用しておくこと
がカギ。

食後に服用するなら、あっさり系の和食にしておいて2時間以上経ってからを意識しましょう。
焼肉や揚げ物といった油分多めな食事の場合、7時間以上経過していないと効果が得られない可能性が高いため、服用する予定があるなら食事には十分に配慮する必要があります。

もしくは先にカマグラゴールドを飲んでおいて、成分が吸収されてから(30分以上経ってから)食事をするという方法もあります。
食事を避けられない場合などはこの方法がおすすめです。

副作用の症状

カマグラゴールドで報告されている副作用は以下の通り。

・ほてり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・鼻づまり
・発疹

これらは比較的起こりやすい症状なので、服用後は体調の変化に気をつけておきましょう。
数時間経てば治まっていきますが、症状が重く感じる場合は服用量を減らす・ほかのED治療薬に変えるといった対応を考えてください。

また発症の可能性はかなり低いですが、視野が青や黄色っぽくなるといった視覚異常や勃起状態が4時間以上つづく勃起持続症という症状が起こる場合もあります。
異変が起こったり気になる症状が続いている場合は服用をやめ、医療機関を受診してください。

副作用とともに注意しておきたいのが、併用禁忌薬です。
カマグラゴールドと併用することで薬同士の作用が強まったり弱まったりし、身体に悪影響をおよぼします。

硝酸剤・NO供与剤・・・血圧の急下降を引き起こす
アミオダロン塩酸塩・・・QT時間の延長作用を増強させる
sGC刺激剤・・・サイキックGMPが増加することで、症候性低血圧が起こる

服用中の薬がある人は、これらのリスクに当てはまらないか事前に必ず確認してください。

また、バイアグラやカマグラゴールドでアレルギーの既往歴がある人、肝障害・腎障害がある人、65歳以上の高齢者、半年以内に脳梗塞や心筋梗塞を発症した人などは、服用を控えましょう。

Posted by LEEPI


PAGE TOP