カマグラゴールドと処方ジェネリックを比較

2018年12月5日

バイアグラのジェネリック医薬品として安定した評判を得ているカマグラゴールドですが、ほかにもさまざまなメーカーが製造・販売を行っています。
実は日本の製薬会社も、バイアグラのジェネリック市場を拡げていることを知っていますか?

ジェリックならどれでも同じ?
やっぱり日本製が安心?

ここでは、バイアグラ・ジェネリックの違いについてご紹介します。

カマグラゴールドと処方薬どちらを選ぶ

カマグラゴールドはインド製のED治療薬

カマグラゴールドはインドにあるアジャンタ・ファーマ社製。
通販サイトでは、4錠1,830円・20錠8,270円で販売されています。

インドと聞くと、途上国・医療後進国といったイメージを持つ人がいるかもしれません。
しかしインドは、高い製薬技術で世界中の製薬メーカーからの注目を集めています。
その技術が低コストで実現可能とあって、さまざまな企業がアウトソーシング先として選んでいるほど。
ほかの国のメーカーと比べて効果・効能や安全性、品質が劣るということはありません。

しかしカマグラゴールドは日本での認可を受けていないため、購入するためには海外医薬品を専門に取り扱った通販サイトを利用する必要があります。

国内で買えるバイアグラ・ジェネリック

日本の医療機関やED専門クリニックで処方されているバイアグラのジェネリックも。
東和薬品・キッセイ薬品・富士化学工業といった製薬会社が手掛けていて、「シルデナフィル錠+企業名」という商品名で販売されています。

販売価格は取り扱いの病院やクリニックに委ねられていますが、1錠1,000円が相場。
バイアグラは1錠1,500円が相場なので、医療費の負担を軽くしたい人はジェネリックを希望すればOK。

錠剤の種類にもバリエーションがあり、水がなくても服用できるOD錠やゼリー状など、より飲みやすい剤形が展開されています。

ジェネリックを使うなら

バイアグラを使いたいけどコストがかかり過ぎる・・とお悩みなら、ジェネリックを選べば問題解決!
できるだけムダな費用は省きたいと考えるなら、カマグラゴールド一択。
通院に必要な診察料金や交通費はかからず、薬代そのものもリーズナブルときたら、選ばない道はありません。

自分の症状について専門家に相談したい、安心感を得たうえでジェネリックを活用したいという人は病院やクリニックを探すのがベター。
バイアグラ以外にもED治療薬はあるので、体質やライフスタイルにもっとも適した薬を選定してもらえるはずです。

通販と通院がもつそれぞれのメリットを比べてみて、もっとも自分に合った方法でEDと向き合っていけるといいですね。

Posted by LEEPI


PAGE TOP